本当に効果のあった金運アップの待ち受け画像です

金運アップの待受画像をご紹介しています。生まれて初めて宝くじで2等100万円が当たったのも、画像のお陰だと思います。金運以外にも、恋愛運や結婚運アップの画像もご紹介していますで、気軽にのぞいてみてくださいね。
 

カテゴリー:結婚運

2017年09月09日

ガッキーが僕の想像を遥かに超えて人気者だった件。。。(゚o゚;)




unki_up_2017sep09.jpg




昨日、人事に提出する書類にサインをいただこうと思って、上司の事業部長を朝7時頃からお待ちしていました。


7時半頃いらっしゃったので、

さっそくお席に向かって、、、


「お早うございます!サインをいただきたいのですが。。。」


「お!サラ君早いね♪ サイン?なに??また緊急の出張?」


「あ、あの、、、実は結婚しまして。。。」


「え!?結婚? そうか、、、君もそろそろ身を固めてもいい年ごろだもんな♪」


僕はこの時、入社以来初めて事業部長の満面の笑みを見せていただきました w(゚o゚)w オオー!


「 で、お相手はどんな方なの?(^o^) 」


「あ、あの、、、実は、、、

〇〇部にいる僕の同期の、、、」


と、ガッキーの名前を出したとたん、それまでニコニコだった事業部長の顔が一転、こわ張ったその瞬間を僕は見逃しませんでした (゚o゚;)


「そうか、、、彼女か、、、これは意外だったな。。。 二人は同期だったのかな? そうか、、、 彼女はクレバーだし明るいし機転が利くしいい子だもんな。役員のあいだでも彼女は有名人だしね。。。 そうか、、、君が、、、彼女を。。。( ̄ヘ ̄;)ウーン 」


なんだか事業部長、独り言をつぶやくように、まるで何か困った事態を対処する時のように、頭をフル回転されているかのような雰囲気。。。(◎_◎;)


「とにかくおめでとう!まあ、いろいろ周囲から雑音も聞こえてくるかもしれないが、すべては君へのエールだと思って、ますます仕事に励んでほしい。私でなにか力になれることがあったら、いつでも申し出て d( ̄  ̄)」


いくら頭が悪い僕だって、なんだかただならぬ状況がこれから待ち受けているかもしれないことは、すぐに理解出来ちゃいました


事業部長にサインをいただいて、普通だったらそのまま社内間の連絡専用ボックスに投函すればいいんだけど、この書類だけはどうしても自分で直接人事に持っていきたくって、エレベーター使わずに3階から7階まで階段で歩いて向かいました。


人事の部屋に入ると、ウチの事業部担当の人事の方がすぐに僕を見つけて、、、


「なにか、緊急事態ですか???」


たぶん、僕の青ざめた顔をみて、何か良からぬことが起きたのかな?と判断されたみたい。。。


「あ、お早うございます m(_ _)m 書類持ってまいりましたので、よろしくお願いします。」


「あ、ハイ。わざわざご苦労様です。では確認いたしますね。」


社内便用の茶封筒から書類を丁寧に出していただいて、表紙をパッと見た瞬間、、、


「あ、な〜んだ♪ おめでとうございます^^ 」


思いっきりニコニコ顔で祝福いただいたんだけど、事業部長と同じ展開を予想していたので、小さな声で「ありがとうございます ~(=^‥^)y」と返したところ案の定、、、


「えーと、お相手の方は社内ですね♪ 

で、、、〇〇部の、、、えっ!?


ほーら やっぱり


「あ、あの、、、僕たち同期でして、、、まあそれで、まあ何となくお付き合いするようになったというか、あ、いやいや、、、お付き合いしていただいたというか、マグレというか偶然というのか、彼女にしてみれば捨てられていた子犬をたまたま拾ってみたような感じというのでしょうか、、、」


と、僕もなんだかわけのわかんないことをイロイロしゃべっちゃったんだけど、、、、だって人事の方の顔の表情がみるみる険しくなっていったように感じたし (+。+)


まあとにかく、無事に会社に書類は提出できたし、もう僕たちのこと社内で隠す必要もなくなったし、あとはもう仕事に打ち込むのみ とか、自分に言い聞かせながら自分のデスクに戻っていったんだけど、、、


お昼、ガッキーと行きつけの定食屋さん(夜は居酒屋さん)で待ち合わせ。


「ねえサラちゃん♪ 書類出した? 私もさっき人事に持って行ったよ (^o^)v そしたら人事のみんな、私が部屋に入るなり、おめでとう とか言ってくれるんで、私も 人妻の〇〇でーす! て元気に挨拶してきたわ♪」だって (((p(>o<)q)))


午後、同期の人と別件で仕事の打ち合わせもあったんで近所のスタバでチョットお茶したんだけど、ガッキーにかんすること、いろいろ聞いちゃいました。


社内で彼女に好意を寄せている方はたくさんいる、ていうのは想像していた範囲だけど、取引先の中でも彼女のファンが多いとか(電話で話しただけなのに!?)、現職の役員クラスの方の息子さんとの縁談アッサリ断ったことがあるとか、同期の中でもつい最近、彼女にアプローチしてアッサリ玉砕した人がいるとか、他にも言えないような事たくさん聞かされたんだけど、、、


結論、、、 


彼女は僕が想像していた以上に人気者だった



僕は覚悟しています。


正確にはたった今覚悟いたしました。


いまは正直、僕はまだ彼女の彼氏、、、ではなくて夫としては不釣り合いかもしれません。でも、いつかきっと、サラは彼女が選ぶだけのことはあるヤツだった!て言ってもらえるように本当に頑張ります (/ ̄^ ̄)


でも一番大切なこと、、、


それは、、、


50年後のガッキーに


「サラちゃんと一緒になってやっぱり良かった (´v`*)」


て言ってもらえること、だよね (*^ー゚)b





gyoutou_wakaba.gif




posted by サラ・リーマン (Sala Riemann) at 23:59| Comment(2) | 結婚運 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月07日

婚姻届けを役所に出しました♡




fukagawa_hachiman_maturi.PNG




先週末、ガッキーと二人で江東区役所に行って、婚姻届けを出してきました。


結婚式&披露宴は来春、たぶん3月下旬になる予定です。



2017aug112.PNG


実は僕たち、もう8月から一緒に住み始めているんだけど、、、新居はガッキーの希望で東西線の門前仲町



mon_naka2017.jpg
mon_naka_2017aug12.jpgkon_naka_sakura.jpg



僕的には慣れた半蔵門線沿線に住みたかったんだけど、ガッキーがどうしてもこの町に住みたい!て言うし、まあ最近よく二人で行くもんじゃ屋さんの『三久』もあるし、


unki_up_gazou2020jan.PNG



それに大手町までマジ近いし(5分!)、家賃はちょっと高いんだけど、とっても素敵な駅近マンション見つかったし、、、とか、そんなこんなで、深川八幡祭りで有名なこの町にしました。



tomioka_hachiman.jpg

fukagawa_hachiman_maturi2.PNG



まあ、ガッキー的には、会社にもTDLにも近い ていうのが一番のポイント てこと、僕は知ってるよ (*^ー゚)b


区役所は東西線の東陽町駅を降りて歩いて5分くらいなんだけど、僕は緊張のあまり1時間くらいに感じちゃった (◎_◎;)


なので歩いている間ほぼ無言、、、

でもガッキーは、、、


「 ねえねえ♪ 区役所入るとき右足から入る?

 それとも左足にする?どうする (*´v`)σ 」


「 えっ!?えーと、、、じゃー右、じゃなくて

 やっぱ左、んんん、どっちが縁起いいのかな ( ̄ヘ ̄;)ウーン 」


「 じゃー 右と左同時!

 でもそれってマヌケよね、ギャハハハ!!!」


とかいつもの調子。


いま江東区にはオリジナルの婚姻届けが用意されていて、もう家でぜんぶ書いておいたので、あとは2階にある1番窓口に提出するだけ。


konintodoke_koutouku.PNG



朝一番で行ったので、受付順は1番


番号札を機械から抜き取った瞬間もうお呼び出し。。。


「番号札1番のお客様〜 お待たせいたしました♪」


えっ!?いきなり???

ぜんぜん待っていないんですけど (・・?))アレ


僕的にはしばらくベンチに座って、提出のその瞬間までをシンミリ味わいたかったんだけど、、、アナウンスがあった瞬間、ガッキーは、、、


「 ハーイ♪ いま行きま〜す!」


て、でっかい声で元気にお返事。


「 ほら!サラちゃんお呼びよ♪ 早く立って!」


ハ、ハイ ~(=^‥^)y


ガッキーはサッサと僕の手を引いてカウンターに向かって行って、


「 ハイ! 婚姻届けで〜す♪ これから江東区民になりま〜す!よろしくお願いしま〜す (*'v^*) 」

とか愛想振りまいているし。。。


「 このたびはおめでとうございます♪ では中身を確認させていただきますね。ご本人確認できるものは何かお持ちですか?」


記載内容に問題もなくてすべてアッサリ終了


なんか僕的にはアッサリし過ぎて、どうもイマイチ物足りなかったんだけど、まあこれで正式に(法的に?)夫婦になれたんだから、これ以上何か望むなんて贅沢過ぎだよね



kekkonn_un_up2017sep.jpg



考えてみたら、

僕の片思い約3年、、、

なんとなく付き合うようになってから約2年、、、

気が付けば結婚 (´-`).。oO


よくドラマとか映画だと、ケンカして分かれてまた戻ってとか、浮気発覚!とかいろいろあるけど、僕たちはなんにもなし。本当に何事もなくて僕的には楽しいことばかりで、すべてスムーズにここまで来れちゃいました


僕たちのこと、応援していただいていた皆さま!

なんとか無事に結婚できました。

ホントにホントにありがとうございました m(_ _)m


※ 明日、結婚しました!の書類を会社に提出するんだけど、これで一気に僕たちのことが社内で知れ渡ります。。。 ガッキーは偉いオジ様たちにもファンが多いようなので、実は僕チョットびくびくしています (+。+)






gyoutou_wakaba.gif




ラベル:婚姻届け
posted by サラ・リーマン (Sala Riemann) at 15:39| Comment(11) | 結婚運 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月26日

皆さまに報告です...テヘヘッ(*゚ー゚)>



ring_dec2015.jpg



ここ3ヶ月、相変わらずの出張続きで、

先月とか海外出張とかもあって

なかなか投稿できなくてゴメンナサイ。。。m(_ _)m


airport2016_us.PNG


出張があるってことは、

そこに何か僕がやるべき仕事があるってことなんで、

ホントにホントにありがたや〜 ( ̄人 ̄)


てな感じでずっと頑張ってきたんだけど、、、


やっぱガッキーに会えないのがホント寂しくって、

特に海外出張なんて夜になると、時差もあるけど

ガッキーのことばっかり考えてぜんぜん眠れなかったし。。。(+。+)


sabishii_hotel2016.PNG


そうそう!シカゴで2週間滞在した時の安ホテルで、

僕の部屋のお掃除を担当してくれてた

ロシア人のオバアサンがいたんだけど、

なんかメチャ仲良くなって、、、


おっと、そのお話は長くなるのでまた後日 (^o^)v


mari2016_2.PNG


で、今年のゴールデンウィークなんだけど、

なんとか2日ばかり連続で休みが取れたんで

久々にガッキーとゆっくり過ごせたんだ ♪♪v(⌒o⌒)v♪♪


ホントは一緒にどこか旅行とか行きたかったけど、

僕の休みの予定がまったく見えなかったんで、

とりあえず二人でのんびり近郊をぶらぶら。。。


ガッキーが行きたがってた高田馬場の猫カフェとか、


IMG_1109.JPG


IMG_1116.JPG


木場の現代美術館とか、横浜のこどもの国(微妙に町田!?)とか、


IMG_1130.JPG


kodomonokuni2016_1.PNG


kodomonokuni2016_2.PNG


いろいろ行ってみたけど、、、

僕的にはとにかく隣にガッキーがいる!

てことだけどもう幸せ (*'v^*)


ちなみに、、、


こどもの国はガッキーが小さかった頃、

よく家族で出かけた思い出の場所なんだって。


特に、産みのお母さんとの思い出がメチャ詰まった

大切な場所。。。


中に大きな池があってボートに乗れるんだけど、

僕の数少ない特技の一つが手こぎボート(ローボート)


unki_up_boat.PNG


子供の頃、お父さんに特訓されたんだ (^^ゞ


乗るまでに1時間近く並んだんだけど、

二人でず〜っとおしゃべりしっぱなしで

待たされた感ぜんぜんナシ


「 へ〜 サラちゃん うまいじゃん! 」


ギーコ ギーコ... ギーコ ギーコ ...


「 子供の頃、お父さんに教えてもらったんだ♪ 」


ギーコ ギーコ... ギーコ ギーコ ...


まわりの舟は家族連れとかカップルとかで、

天気も良いし風もホント心地よくって

みんな幸せそう



kodomonokuni2016_3.PNG



「 私も小さかった頃、お母さんと一緒に

 お父さんに乗せてもらったんだ 」


ちょっと目を細めて昔を思い出してる感じの

ガッキーの横顔がメチャ綺麗


「 お母さんとお父さんが向かい合わせに座って、

 私は先頭でお父さんの背中を見るポジションね♪ 」


ギーコ ギーコ ギーコ ギーコ ...

ギーコ ギーコ ギーコ ギーコ ...


「 僕もお父さんになったら、  子供を乗せてあげたいな(´-`) 」


「 ねえサラちゃん、ちょっといい?

  お父さんになる前にダンナさんにならなくちゃダメなのヨ (*^ー゚)b 」


「 あっ!そうだよね (*゚ー゚)> 」


「...」

「...」

「...」


「 ねえガッキー、、、

 僕ダンナさんになれるかな... (・o・) 」


「 えっ!? だれの???」


「...」

「...」

「...」


「 ガッキーの ~(=^‥^)y※超ちっちゃな声


「 ねえ、もしかしたらそれってプロポーズ? 」


「...」

「...」


「 えっ!? あっ、、、うん...」


「...」

「...」


「ねえサラちゃん、プロポーズならちゃんと大きな声で言って (・o・) 」


「...」

「...」

「...」

「...」

「...」


僕と結婚して下さい!!!!!!!!


「...」

「...」


「 ギャハハハハハ!!!(≧▽≦) ノ 」


「え? 僕なにかおかしかった???」


「だってサラちゃんの大きな声、初めて聞いたし!!!」


(・o・) ??


「ねえガッキー やっぱ僕じゃダメ? 」


「サラちゃん、笑ってゴメンネ (≧▽≦) ノ」


「やっぱ僕なんかじゃダメだよね...~(=^‥^)y



もちろんOKよ (*^ー゚)b



もう心臓バクバクで

ホントに口から心臓出てきそうで、

このまま気を失うんじゃないかと思ったけど、、、


実は今日プロポーズしようなんて

ホントにホントにまったく考えてなくって、

なんか思わず流れで言っちゃったんだよね。。。


なので、かっこ良く指輪渡すとか、

サプライズのイベントを用意するとか

まったくなくって、

かなりカッコ悪いプロポーズになっちゃったけど、

とりあえずガッキー、OKしてくれたみたい (・o・)ユメ?



familly_yukichan.jpg



結局こどもの国で閉園ギリギリまで遊んで、

僕とガッキーは泥だらけ。


「サラちゃん何でツムジにドロ付いてんの?

 ギャハハハハハ!!!」


「ガッキーもお尻真っ茶色だよ^^」



帰りの車の中で...


「 ねえサラちゃん また来ようね!」

「 うん! ぜったいまた来たい♪ 」

「 今度来るときは水筒持参&ジャージ着用よ!」

「 OK!僕 海パンも持ってきちゃうよ^^ 」

「 サラちゃんの迷子札も作っておくネ♪ ギャハハハハ!!!」


と、いつもと変わらない感じ。。。


でも。。。


今まで彼女として助手席に乗ってくれていた女性が、、、


僕と同じ名字になってくれて...


僕の新しい家族になってくれて...


僕と同じ家に住んでくれて...


て意識した瞬間、

なんだかとっても暖かい、ていうか

とっても落ち着いた気持ちになれたんだ (´-`).。oO


「 ねえサラちゃん 子供は男の子、女の子

どっち欲しい? 」


えっ!?いきなり子供の話???(゚Д゚≡゚Д゚)


「 無事に生まれてきてくれるんだったらどっちでも♪」


「 ガッキーは?」


「 そうね... 女の子と男の子の双子! 」


僕、いきなり4人家族ですか?w(゚o゚)w オオー!


「 名前とか考えなくちゃね♪ そうそう!

 うちのオジイチャン字画みるの得意だから

 こんど相談に行こうよ (^o^)v 」


て、なんか展開早すぎない???


まあ、とにかく、

僕はダンナさんにもお父さんにもなれるようなので、

仕事もっともっと頑張らねば


だって4人家族のお父さんに
なるかもしれないし (*゚ー゚)>



まだ付き合いだして2年足らずで、

ずっと憧れだったガッキーと一緒にいられるだけで、

MAXに近い幸せだったのに、まさかの結婚


正直に言うとまだチョット信じられないんだけど、

これもブログを訪問してくれる皆さまのパワーのお陰と

感謝×感謝×感謝です


m(_ _)mm(_ _)mm(_ _)m


starchart_kumichan.jpg




gyoutou_wakaba.gif
posted by サラ・リーマン (Sala Riemann) at 02:10| Comment(19) | 結婚運 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする